診療のご案内

予防接種

予防接種

当クリニックではインフルエンザをはじめ、各種の小児定期予防接種を取り扱っています。また、肺炎球菌ワクチンの接種も可能です。

小児定期予防接種

ご予約の上ご来院ください。

当クリニックで受けることのできる予防接種

  • ヒブ(インフルエンザ菌b型)
  • 小児用肺炎球菌(PCV13)
  • 4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
  • BCG
  • MR混合(麻しん・風しん)
  • 水痘(みずぼうそう)
  • B型肝炎(平成28年10月1日から施行)
  • 日本脳炎
  • 2種混合(DT)(ジフテリア・破傷風)

詳しくはこちら

※詳しくは野洲市「子供の予防接種」ページをご覧ください。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹とは

帯状疱疹とは、水膨れを伴う赤い発疹が体の左右どちらか、帯状に出る皮膚の疾患です。強い痛みを伴うことが多く、症状は3~4週続きます。50歳以上で帯状疱疹になった約2割の方には、皮膚症状が治った後も、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる痛みが残ることがあります。この病態は痛みが1年以上にわたって続くことも希ではありません。

帯状疱疹は50歳代から発症率が高くなり、80歳までの約3人に1人がかかると言われています。
この帯状疱疹は、多くの人が子供の時にかかる水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。水ぼうそうは、治った後もウイルスは生き続けて体内に潜伏します。加齢などによる免疫力の低下がおもな原因ですが、疲労やストレスなどがきっかけとなって再び活動を起こし、今度は水ぼうそうではなく、帯状疱疹を引き起こします。

帯状疱疹ワクチンについて

帯状疱疹ワクチンは、現在2種類あります。
効果や費用などに違いがあります。

50歳以上の方が対象です。

弱毒生水痘ワクチン 従来型 商品名:「ビケン」

弱毒化された生きたウイルスが含まれており、小児に使用する水痘ワクチンですが、帯状疱疹を予防する効果があります。
1回の接種で済みますが、有効性は約60%で、5年を超えると有効性が低下します。

接種費用:9,900円(税込)

不活化ワクチン 商品名:「シングリックス」

2か月間隔で2回接種(合計2本)が必要ですが、予防効果が90%以上と高く、効果の持続も9年程度見込まれます。
生ワクチンに比べると、注射部位の痛みや発赤、腫れやなどの副反応が多く出ると言われます。

接種費用:1回 22,000円(税込) 2回接種 44,000円(税込)

ワクチンの禁忌

  • 水痘ワクチンによる強いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)を起こしたことがある方。
  • 妊娠していることが明らかな方。
  • 明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する、および免疫力抑制をきたす治療を受けている方。

その他

  • 水ぼうそうにかかったことのない方は、体内に水ぼうそうウイルスが潜伏することはないので、帯状疱疹の予防接種は必要ありません。
  • 帯状疱疹は約6.4%に再発が認められると言われているので、すでに帯状疱疹にかかったことがある方の再発予防としても有効です。
  • ワクチン接種後2か月間は妊娠を避けてください。

予防接種の目的である発症および重症化予防、帯状疱疹後神経痛の症状軽減を考慮するならシングリックスをお勧めしますが、ただ費用が高いためご予算に合わせた選択をしてください。

CLINIC INFO

滋賀県 野洲市 内科・小児科・消化器科・往診・胃カメラ えとうクリニック

診療科目

  • 内科
  • 小児科
  • 消化器科

所在地

〒520-2413
滋賀県野洲市吉地1193-1

TEL.077-575-8808
FAX.077-589-6333

  • 魚忠ママセンターとなり
  • イオンビッグエキストラ付近
  • 駐車場 あり

問診表をダウンロード

このページの先頭へ